国家資格並みに評価・評判が高い?!ビジネス会計検定

posted in: ビジネス会計検定 | 0

公的資格であるビジネス会計検定。

民間資格よりは何となく良さそうだけど国家資格よりは評価は高くないのかな、、、

そんな疑問を持たれている皆様に、今回はビジネス会計検定の評価・評判についてお伝えしていきます。

 

 

1. やはり国家資格の方が評価は高い

やはり国家資格の方が評価は高い

いきなり結論になってしまうのですが、ビジネス会計検定と比べて現段階では国家資格の方が評価は高いと考えられます。

というのも、国家資格と比べるとビジネス会計検定は受験者数がまだ少なく、その価値を理解している人が相対的に少ないからです。

しかし、価値を理解している人からするとビジネス会計検定の方が評価が高く、今後市場価値はさらに高まっていくと考えられます。

その理由を次項以降で3つご紹介いたします。

 

2. 受験者数の増加(評価される理由①)

受験者数の増加

多くの国家資格で受験者数が減少しているのをみなさんご存知でしょうか?

皆さん一度は耳にしたことがある弁護士(司法試験)・公認会計士・司法書士・行政書士・社会保険労務士などの国家資格や日商簿記検定などの公的資格について、実は受験者数はここ数年減少しております。

そんな中でビジネス会計検定は開始以来受験者数を伸ばして、公的資格ながら徐々に評価が高まっており、その将来性が期待されています。

 

1) 弁護士(司法試験)

2000年代の初めに弁護士・検察官・裁判官の増員という目標がかかげられ、大幅な合格者数の増加が実施されました。

その結果、合格者の質の低下や資格を取得しても弁護士として生計を立てられない人達の増加など、現場から不満の声が上がり、今度は合格者数を絞る方向に舵をとりました。

しかし、合格者数を絞った結果として受験者数も減少してしまい、現在も毎年減少している状況です。

 

司法試験 出願者数
2009年 9,734
2010年 11,127
2011年 11,891
2012年 11,265
2013年 10,315
2014年 9,255
2015年 9,072
2016年 7,730
2017年 6,716
2018年 5,811
2019年 4,930
司法試験 出願者数推移

 

2) 公認会計士

2008年ごろから内部統制監査や四半期レビューにより人員増加が叫ばれていたため、弁護士同様に合格者数の大幅な増加が実施されました。

その結果就職難が発生し、「会計士は合格しても就職口がない」とのイメージが受験生に浸透して、それ以降受験者数が減少しております。

ただ、近年は下げ止まり、受験者数は横ばいとなっております。

 

公認会計士 受験者数
2009年 21,255
2010年 25,648
2011年 23,151
2012年 17,894
2013年 13,224
2014年 10,870
2015年 10,180
2016年 10,256
2017年 11,032
2018年 11,742
2019年 12,532
公認会計士 受験者数推移

 

3) 司法書士

試験の難易度は司法試験並みに難しい割に、取得しても働き口が少なく、独立も難しいため、ここ10年で受験者数が半数程度まで減少しております。

また、司法書士の主な業務である登記作業は今後AIに代替される定型作業であることが減少に拍車をかけております。

 

司法書士 出願者数
2009年 32,558
2010年 33,166
2011年 31,228
2012年 29,379
2013年 27,400
2014年 24,538
2015年 21,754
2016年 20,360
2017年 18,831
2018年 17,668
2019年 16,811
司法書士 出願者数推移

 

4) 行政書士

取得後の働き口が少なく、近年受験者数が急激に減少しております。

手ごろな難易度で司法試験受験生などが腕試しとして受けるケースなど、法律資格の登竜門として未だに一定のニーズはありますが、今後も減少が見込まれています。

 

行政書士 出願者数
2009年 83,819
2010年 88,651
2011年 83,543
2012年 75,817
2013年 70,896
2014年 62,172
2015年 56,965
2016年 53,456
2017年 52,214
2018年 50,926
2019年 52,386
行政書士 出願者数推移

 

5) 社会保険労務士

昨今のトレンドである人事・労務のスペシャリストとして人気の高い資格ですが、受験者数は減少しております。

合格率が一時期2.6%まで低下しており、難しい試験というイメージがついて尻込みする受験者が増えました。

 

社会保険労務士 受験申込者数
2009年 67,745
2010年 70,648
2011年 67,662
2012年 66,800
2013年 63,640
2014年 57,199
2015年 52,612
2016年 51,953
2017年 49,902
2018年 49,852
2019年 49,600
社会保険労務士 受験申込者数推移

 

6) 簿記検定

経理や総務に限らず、一度は取得を検討したことがある方も多い、資格の中で最も有名な簿記検定ですが、実は受験者数は減少しております。

厳密に言うと公認会計士のところで説明したように、一時期会計業界が盛り上がりを見せた際に簿記の受験生が増加しましたが、現在は昔の水準に戻っております。

 

簿記検定 受験者数
2009年 696,977
2010年 731,134
2011年 651,832
2012年 585,003
2013年 578,666
2014年 534,208
2015年 545,431
2016年 583,800
2017年 540,984
2018年 517,415
2019年 498,395
簿記検定 受験者数推移

 

7) ビジネス会計検定

ビジネス会計検定は国家資格も含めたメジャーな資格の中で、唯一200%を超える受験者数の増加を見せております。

市場からの期待の表れが反映された結果と言えます。

 

ビジネス会計検定 申込者数
2009年 6,304
2010年 7,376
2011年 8,470
2012年 8,420
2013年 9,147
2014年 9,369
2015年 10,945
2016年 12,075
2017年 13,258
2018年 14,227
2019年 16,171
2020年 16,163
ビジネス会計検定申込者数推移

 

(2020年は新型コロナウイルスや申込者の定員制限の影響により、申込者数が横ばいとなっております。)

ビジネス会計検定の難易度については「ビジネス会計検定の難易度・合格率は??」をご参照ください。

 

3. 受験者からの評判がいい(評価される理由②)

受験者からの評判がいい

ビジネス会計検定が評価される2つ目の理由は、実際の受験者・合格者からの評判が非常に高いという点です。

・「競合の分析や工場の損益分岐点分析など、勉強した内容をすぐに実務に応用できた。」
・「経営者への報告や取引先との交渉にビジネス会計検定の知識が活用できた。」
・「起業後に自社の財務諸表を理解するのに役に立った。」
・「中小企業診断士試験の財務会計の分野の勉強に役に立った。」
・「新聞やニュースで普段から聞いていた企業の情報を以前よりよく理解できるようになった。」

実務・実生活で活きる知識を習得できるという点が、実際の受験者に評価されている大きな理由となっております。

 

4. AIに代替されない分析力(評価される理由③)

AIに代替されない分析力

財務諸表を「作成」する業務などの定型作業については今後AIの台頭によりなくなる可能性があります。

一方で、財務諸表を「分析」して新たな経営課題を発見する仕事が今後経営者だけなく、現場の従業員にも求められてきます。

その際の土台となる知識を養える点もビジネス会計検定が評価されている理由です。

AIの得意分野と苦手分野については「経理はAIでなくなる!?人工知能に負けないためには??」も合わせてご確認ください。

 

5. 終わりに

いかがでしたでしょうか?

多くの国家資格の受験者数が減少している中で、勢い衰えず受験者数を増加させているビジネス会計検定の評価ポイントについて解説させていただきました。

この機会に一度受験を検討してみてはいかがでしょうか?

 

6. まとめ

Point!

◆受験者数がここ10年で2倍に。
◆実際に勉強した人たちからの評価が高い。
◆AIに負けない力をつけられる。

ビジネス会計検定講座はこちら