ビジネス会計検定2級の重要論点である損益分岐点分析とは?

posted in: ビジネス会計検定 | 0

ビジネス会計検定2級の試験範囲である損益分岐点分析。

はじめての論点で取り掛かりにくいかと思います。

そこで今回は。損益分岐点分析の詳細について解説していきます。

各種テキストや参考書には公式が多く掲載されておりますが、基本の関係を覚えればほとんど公式の暗記は不要です。

 

ビジネス会計検定講座はこちら

 

1. 損益分岐点分析(CVP分析)とは?

損益分岐点分析(CVP分析)とは?

まず、言葉の定義ですが、損益分岐点分析は別名CVP分析とも言います。

費用を表すCost、売上高を表すVolume、利益を表すProfitの頭文字をとった名称となります。

ここで、売上は単価×数量で表され 、単価が一定の場合、販売数量に売上は比例することになります。

一方で、費用はどうなるでしょうか?

売上同様に数量に比例して増えていくだけでしょうか?

例えば、皆さんがコンビニを経営していたとして、販売数量に比例して販売物の原価が変動費として増えていきます。

しかし、実際に係る費用はこれだけではなく、店舗の家賃や水道光熱費、従業員の給料などは販売数量に関係なく発生し、固定費す。

それでは極端な例ですが、販売数量が0だった場合、費用は0でしょうか?

先ほどお話した通り、販売数量が仮に0でも固定費の部分は発生します。

すなわち、コンビニ経営を行う上で、最低限この固定費部分を回収しないと、毎月赤字が続くこととなります。

そこで、固定費部分を回収でき利益が発生し始める販売数量・売上高の時点のことを損益分岐点と呼びます。

こちらの図をみてください。

 

損益分岐点

 

右の軸が販売数量を表しており、上の軸が売上高(つまり収益)・売上原価(つまり費用)を表しております。

具体例として、先ほどのコンビニの経営において、商品1個当たり1,000円で販売しており、その仕入れ値、つまり変動費が1個当たり600円で、家賃などの固定費が50万円だったとします。

まず、売上については販売数量が0の時は当然に0となり、販売数量が伸びれば伸びるほど1,000円ずつ比例的に売上も伸びていきます。 

一方で費用面については、販売数量が0の場合でも固定費50万円は発生するため、50万円からスタートして販売数量が伸びれば伸びるほど600円ずつ比例的に費用がかかっていきます。

ここで、売上と費用の線が交わる点のことを損益分岐点と呼びます。

つまり、損益分岐点より左側の場合は費用の方が大きいため損失が発生している一方で、損益分岐点より右側の場合は収益の方が大きいため利益が発生しており、損益分岐点においては利益が0となります。

 

損益分岐点 利益 損失

 

以上が損益分岐点の概要となります。

 

2. 損益分岐点売上高

損益分岐点売上高

それでは具体的に損益分岐点売上高を求める方法を紹介していきます。

テキスト・参考書などにはいくつかの公式が載っておりますが、損益分岐点売上高を求める際はこちらの関係性さえ覚えておいていただければ、ほとんどの問題は解くことができます。

 

限界利益 利益

 

売上高から変動費を引いたものを限界利益といい、限界利益から固定費を引くと利益が求まるという関係 です。

例えば、先ほどのコンビニの例の損益分岐点売上高を求めようと考えた場合、販売数量をXと置くと、売上高は1,000X、変動費も同様に600Xとなり、限界利益は差額の400Xとなります。

そして、固定費は50万円であり、損益分岐点においては利益が0となるため利益を0とすると、「限界利益400X ー 固定費50万 =0」となり、販売数量Xは1,250個となります。

よって、損益分岐点売上高は1,000円かける1,250個で125万円となります。

また、問題によっては損益分岐点売上高をXとして求める場合もございます。

その場合、損益分岐点売上高を1とすると変動比率は0.6となり、限界利益率は0.4となるため、「限界利益0.4X-固定費50万=0」となり、先ほどと同様に損益分岐点売上高は125万円となります。

 

損益分岐点例題

 

へたに公式を覚えるのではなく、この関係性をしっかり意識しておけば基本的な問題は全て解けますので、「限界利益」や「限界利益率」と売上・変動費・固定費・利益の関係性について頭に入れておいてください。

 

3. 損益分岐点比率

損益分岐点比率

それでは、最低限覚えておかなければならない公式について今から解説していきます。

まずは損益分岐点比率から説明していきます。

式はこちらとなります。

損益分岐点売上高/売上高×100 (%)

損益分岐点比率は実際の売上高を100%としたときに、損益分岐点売上高がどの位置にあるかを示した指標となります。

損益分岐点売上高を実際の売上高でわるのですが、こちらは高ければ良いでしょうか?それとも低ければ良いでしょうか?

損益分岐点売上高はあくまで利益が0となる点であり、この点よりも実際の売上高が大きければ大きいほど利益が多くでるため、 損益分岐点比率は低いほど望ましいということができます。

 

4. 経営安全率(安全余裕率)

経営安全率

これと同じような指標で、経営安全率(安全余裕率)というものがあります。

式はこちらとなります。

100% – 損益分岐点比率(%)

経営安全率は、仮に売上高が実績値に達していなかった場合でも、損失にならない余裕がどの程度あるかを示す指標となります。

損益分岐点比率が低いほど望ましいということは、100%から損益分岐点比率を引いた経営安全率は逆に高いほど望ましいということができます。

この2つの指標の関係についてはこちらの図 をみてください。

 

損益分岐点比率 経営安全率

 

売上高を100%とした場合の損益分岐点売上高の比率が損益分岐点比率であるため、図の青色部分となります。

また、100%から損益分岐点比率を引いたのが経営安全率となるため、図の赤色部分が経営安全率となります。

この図からもわかるように、損益分岐点比率が低いほどより少ない販売量で利益が出始めるため望ましく、経営安全率が高いほど右側にいきより多くの利益がでるため望ましいということができます。

 

5. 終わりに

いかがでしたでしょうか?

損益分岐点分析について理解が深まりましたでしょうか?

基本の関係性をしっかり押さえれば、ほとんどの問題に対応することが可能です。

理解しただけでは身に付きませんので、問題集などのアウトプットを忘れずに実施してください。

 

6. まとめ

Point!

◆損益分岐点分析はCVP分析ともいわれる。
◆「売上高 – 変動費 = 限界利益」「限界利益 – 固定費 = 利益」
◆損益分岐点比率は低いほど、経営安全率は高いほど望ましい。

ビジネス会計検定講座はこちら