公認会計士の予備校比較ベスト5!会計士がコスパ重視で選んでみた

posted in: 公認会計士 | 0

公認会計士試験に合格するためには、予備校は必須です。

独学では合格できません。

ただ、予備校選びに時間をかけないでください。

そもそも、以下の5つくらいしか、選択肢がありません。

・大原
・TAC
・東京CPA
・LEC
・クレアール

予備校選びに割く時間があるなら、その分早く勉強を開始した方が、合格の可能性は上がります。

そこで今回は、公認会計士である筆者が、コストパフォーマンスの観点から、おすすめ予備校ベスト5を紹介していきます。

本記事を参考にして予備校を選び、今日から勉強を開始しましょう。

筆者の情報
・公認会計士
・監査法人➡経理に出向➡ベンチャー➡自営業
・公認会計士講座の運営、販売経験あり。

 

 

1. 会計士予備校のコスパとは?

1) 予備校選びのコスパとは?

予備校選びにおける「コストパフォーマンス」とは、以下を意味しております。

・コスト:講座の料金。
・パフォーマンス:合格者数。

各項目について、順にみていきましょう。

 

2) 講座料金比較

各予備校の公認会計士講座の料金を比較すると、以下の通りとなります。

LEC 278,000円
クレアール 445,000円
東京CPA 622,000円
大原 780,000円
TAC 790,000円

*初学者向けの主な講座の価格を掲載しております。

 

3) 合格者数比較

各予備校の2019年度の公認会計士試験合格者数を比較すると、以下の通りとなります。

大原 470名 
TAC 360名 
東京CPA 357名 
LEC 数十名 
クレアール 数十名 

*計算方法次第で人数が変わるため、おおよその人数を掲載しております。

 

4) コスパ=料金

合格者数を見て「大原、TAC、東京CPAの3択だな」と思われたでしょうか?

ただ、その判断はちょっと待ってください。

合格者数の違いは単純に、受講者数の違いに比例していると考えられます。

ここで大事なのは、「どの予備校も合格者はいる。」という事実です。

よく不合格になった原因を予備校側に求める人がいますが、ほとんどの場合ただの努力不足です。

少なくとも上記5つの予備校であれば、その予備校の講師・教材を信じて継続的に勉強すれば、合格できます。

つまり、公認会計士試験の予備校選びにおけるコストパフォーマンスの高さとは、合格者数ばかりに目が行きがちですが、料金の安さもしっかりと考慮して、総合的に判断すべきと言えます。

以上を踏まえた上で、コストパフォーマンス順に、おすすめ予備校を紹介していきます。

 

2. 公認会計士予備校ベスト5

1) 東京CPA

東京CPA 公認会計士講座
コストの低さ:★★★★☆
パフォーマンスの高さ:★★★★★

1番おすすめしたい公認会計士予備校は、「東京CPA」です。

実は前職で、東京CPAの公認会計士講座の、代理販売を担当しておりました。

その際に、講義・教材や受講生の反応を実際に生で確認し、公認会計士である私の目から見ても、合格するのに申し分ない内容でした。

また、東京CPAの先生方や代表の国見先生ともやりとりをさせていただいて、講師陣一人一人が非常に丁寧で、とても好感を持てる方々ばかりでした。

東京CPAの講師陣を最後まで信じて勉強を継続していけば、多くの方が合格できるでしょう。

 

メリット&特徴

・合格率40%超。
・公認会計士試験に特化した予備校。
・代表を務める国見先生の人気が高い。
・個別のフォローが非常に手厚い。
・いつでも講師に直接質問ができる。
・Twitterでも対応してくれる。
・教材を個別に購入することができる。
・2018年にLECの有名講師が移籍。

 

デメリット

・通学講座は特定の地域に絞られている。

 

③ 合格体験記

CPAの答練・模試は過去問をよく分析した上で作られているので、その難易度は本試験のレベルに近く、大変参考になりました。決められたスケジュールで答練・模試を受験することで、早い段階から本試験レベルを体感できて良かったです。
Web受講の環境も良く、Skypeでの受講相談やメールによる質問などの制度も充実しており、地方在住の通信生でも安心して学習が進められると思い、CPAの上級論文マスターコースを選びました。

 

④ 詳細情報

・Twitter(代表の国見先生)

・Youtube(合格祝賀会)

・資料請求

東京CPA 資料請求

 

2) LEC

LEC 公認会計士講座
コストの低さ:★★★★★⁺
パフォーマンスの高さ:★★★★☆

2番目におすすめしたい公認会計士予備校は、「LEC」です。

一番の魅力は何と言っても、20万円台で受講できる価格の安さです。

公認会計士試験は複数回受験することが想定され、講座の代金が最終的に倍以上かかる可能性があるため、圧倒的な価格の安さは大きなメリットと言えます。

また、まずは短答に特化したカリキュラムで勉強できるのも、大きな強みです。

論文を見据えて勉強することも大切ですが、現実問題として短答式試験に合格しないと先に進めず、途中でモチベーションが切れてしまうためです。

とりあえず公認会計士試験がどんなものかチャンレジしたいのであれば、LECはおすすめの予備校となります。

 

メリット&特徴

・20万円台という圧倒的低価格。
・まずは短答に絞って対策できる。
・短答合格者は論文講座を5万で受講可。
・初級者、上級者に分けた講師陣の配置。
・全国に校舎があり対面で相談しやすい。
・答練、模試の本番的中率が高い。

 

デメリット

・公認会計士予備校の中ではマイナー。
・2018年に東京CPAに有名講師が移籍。

 

③ 合格体験記

LECをオススメする理由は沢山ありますが、敢えて挙げるとすればコストパフォーマンスの高さです。 他の大手予備校と比較して授業料が大幅に安いのにも関わらず、授業・教材・フォロー体制の質が高く、安心して勉強に専念できました。経済的な理由で学習を開始するのを躊躇されている方に特にオススメです。
他の予備校の半分に近い価格で会計士試験に合格できる力をつけることができるからです。もちろん素晴らしい講師の方々やテキスト等、確実に実力のつく講座を提供していただける点もオススメポイントです。このような有難い講座を破格な価格で受けられることは非常に良かったです。

 

④ 詳細情報

・Twitter(公認会計士講座)

・Youtube(短答合格コース)

・資料請求

LEC 資料請求

 

3) クレアール

クレアール 公認会計士講座
コストの低さ:★★★★☆
パフォーマンスの高さ:★★★★☆

3番目におすすめしたい公認会計士予備校は、「クレアール」です。

非常識合格法で有名なクレアール。

マイナーな予備校かと思いきや、2001年から公認会計士講座を運営しており、実績のある予備校となります。

膨大な試験範囲である公認会計士試験において、非常識合格法の出る範囲に絞った学習方法は、非常に効率的な学習を可能とします。

確保できる勉強時間が圧倒的に少ない受験生には、クレールがおすすめとなります。

 

メリット&特徴

・40万円台で受講可能。
・合格に必要な範囲に絞った学習法。
・少ないインプットで合格を目指せる。
・1単元30分でスキマ時間に勉強できる。
・学習進度に応じた個別カリキュラム。
・Skypeでの相談も可能。

 

デメリット

・テキストが薄く不安になりやすい。
・通学講座がない。(自習室利用は可能)

 

③ 合格体験記

私がクレアールを選んだ理由はテキストの薄さとコアとなる知識を中心に勉強するというスタイルは効率がいいと思ったからです。また大手予備校と違い自習室がいっぱいということも少ないのでのびのび勉強できました。
中年以降の受験ということもあり、年齢のハンディを考えると学習範囲を絞らざるをえず、必然的に非常識合格法のクレアールを選択することとなりました。

 

④ 詳細情報

・Twitter(公認会計士講座)

・Youtube(合格者インタビュー)

・資料請求

クレアール 資料請求

 

4) TAC

TAC 公認会計士講座
コストの低さ:★★★☆☆
パフォーマンスの高さ:★★★★★

4番目の公認会計士予備校は、「TAC」です。

大原と並ぶ2大予備校であり、多くの受験生がまず考える選択肢かと思います。

実は私も受験生時代は、TACに通って合格しました。

実体験も踏まえて言えるのは、合格するために必要な内容は、十分含まれています。

ただ、講座料金は非常に高いです。

私のように複数回受験となることを考えた場合、100万円以上のお金がかかり、途中で断念してしまう人も多いと言えます。

1~2年間を勉強に捧げて、一発合格しか考えないという覚悟のある方であれば、TACを選択してみても良いかもしれません。

 

メリット&特徴

・最大手の信頼感&有名な講師陣。
・安定した合格実績。
・全国に校舎があり自習室利用できる。
・受講者数が多く受験仲間を作りやすい。
・合格後の就職までサポート。

 

デメリット

・講座料金が高い。
・アクセス答練など、やるべきことが多い。

 

③ 合格体験記

TACの講師は公認会計士や弁護士といった有資格者も多くいるため、様々な知識を有しており、質問・相談コーナーでは何気ない質問にも丁寧に答えて下さいました。
入門期と上級期の間に講義が設けられていない期間があり、入門期で学習が間に合わなかった部分を集中的に学習することができました。

 

④ 詳細情報

・Twitter(公認会計士講座)

・Youtube(学習スケジュール)

・資料請求

TAC 資料請求

 

5) 大原

大原 公認会計士講座
コストの低さ:★★★☆☆
パフォーマンスの高さ:★★★★★

5番目の公認会計士予備校は、「大原」です。

TACと並ぶ2大予備校であり、合格者数最多を誇る予備校となります。

基本的な内容はTACと似ており、講座料金が圧倒的に高い点が、特徴として挙げられます。

大原かTACかで迷った場合は、近くの校舎に行ってみて、校舎の雰囲気やスタッフの対応などを、実際に見比べてみると良いでしょう。

 

メリット&特徴

・実績豊富な講師陣。
・合格者数最多。
・全国に校舎があり通学しやすい。
・理解にポイントを絞った教材。
・最適な学習環境へのこだわり。

 

デメリット

・講座料金が高い。
・各種テストや答練などの量が多い。

 

③ 合格体験記

大原の答練は驚くほどの量ですが、そのぶん確実に力を伸ばせます。的中率も高く、特に企業法がすごかったですね。
大原のVOD授業は、とてもわかりやすいです。不明点は電話で聞けるので、迷惑じゃないかと思うくらい何度も質問しました。先生はいつも丁寧に教えてくれてありがたかったですね。

 

④ 詳細情報

・Twitter(公認会計士講座)

・Youtube(体験講義)

・資料請求

大原 資料請求

 

★模試は受講者数が多い予備校を選択!
おすすめの公認会計士予備校について紹介してきましたが、上記はあくまで講座の比較となり、模試の場合は話が異なります。

と言いますのも、模試の場合は受講生数が多い方が、比較対象となる人が増えて、自分の正確な実力を測ることができるためです。

また、多数の人が受験する模試の内容を押さえておけば、本番で模試と同じ内容が出題されて、自分だけ損をすることもありません。

その意味で、模試は「大原」「TAC」「東京CPA」の3つの中から、選ぶべきと言えます。

 

3. 公認会計士おすすめ記事

ここでは、公認会計士・公認会計士試験について、以下の5つの切り口で解説した記事を、それぞれ紹介しておりますので、興味のある記事がありましたら、ぜひご一読ください。

1) 公認会計士とは?
2) 勉強時間
3) 勉強法
4) 短答式試験
5) 公認会計士の年収

 

1) 公認会計士とは?

そもそも皆様が目指されている公認会計士とは何なのか?といった点について、以下の4点を中心にお伝えしております。

・会計資格の最高峰資格である。
・独占業務の財務諸表監査とは何なのか?
・年収が安定している。
・多様なキャリアプラン。

また、キャリアプランについては、監査業務・コンサルティング業務・税理士業務・経理・ベンチャーCFO・自営業/起業のそれぞれに分けて、詳しく解説しております。

公認会計士とは?わかりやすく簡単に解説します!

 

2) 勉強時間

一般的に、公認会計士試験合格に必要な勉強時間は、3,000時間程度と言われております。

しかし、私はその3倍の9,000時間かかりました。

本記事では、まずそもそもなぜ一般的に3,000時間と言われているのか?といった点について解説した上で、私の9,000時間の受験体験談について、お伝えしております。

公認会計士試験の勉強時間は3,000時間?私は3倍必要でした

 

3) 勉強法

私の受験経験談を踏まえ、公認会計士試験合格に必要な、以下の7つの勉強法について解説しております。

・予備校選びに時間をかけない。
・同じ教材を何度も繰り返す。
・受験仲間を作らない。
・お金よりも時間に投資する。
・ある程度山を掛ける。
・習慣を確立する。
・勉強法を探すより手を動かす。

公認会計士の勉強法7選!私と同じ失敗をしないために伝えたいこと

 

4) 短答式試験

短答式試験に4回目で合格した私の体験談をお伝えした上で、以下の3つの短答攻略のポイントについて解説した記事となります。

・解答スピードを上げる。
・苦手科目を作らない。
・模試を受ける。

公認会計士の短答式試験に4回目で合格した私の体験談&攻略法3選

 

5) 公認会計士の年収

公認会計士を目指す上で1つのモチベーションとなるのが、合格後の年収ではないでしょうか?

本記事では、監査法人トーマツ時代の実際の私の年収(以下参照)について、詳細をお伝えしております。

・1年目:520万円
・2年目:700万円
・3年目:600万円
・4年目:550万円

公認会計士の年収の現実とは?トーマツの場合は・・・万円でした!

 

4. 終わりに

コストパフォーマンスの観点から、おすすめの公認会計士予備校についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

冒頭でもお伝えしたように、一番大切なのは「予備校選びに時間を使わないこと」です。

本記事の内容をもとに、まずは資料請求して講座内容を確認し、できるだけ早く勉強を開始しましょう。

 

5. まとめ

Point! ◆コスパNo1. 東京CPA
◆コスパNo2. LEC
◆コスパNo3. クレアール
◆コスパNo4. TAC
◆コスパNo5. 大原
公認会計士が語る体験談