中小企業診断士試験のモチベーションを維持する6つのコツ

posted in: 中小企業診断士 | 0

「中小企業診断士試験の勉強のやる気が出ない。。」

「このままのモチベーションだと合格できないかも。。」

中小企業診断士試験の勉強をしている人であれば、一度はこのような事態に陥るのではないでしょうか?

中小企業診断士試験は長丁場の試験であり、途中でモチベーションが低下してしまうのは、仕方のないことと言えます。

一方で、モチベーションが低下したままでは、合格が長引いてしまう、あるいは、合格できない可能性が非常に高まります。

そこで今回は、なぜ中小企業診断士試験にモチベーション維持が必要なのかをまず解説した上で、モチベーションを維持するコツを6つ紹介していきます。

事前に対処法を頭に入れておき、モチベーションの低下に備えておきましょう。

 

 

1. 中小企業診断士試験にモチベーション維持がなぜ必要なのか?

中小企業診断士試験にモチベーション維持がなぜ必要なのか?

まずは、中小企業診断士試験において、なぜモチベーションを維持する必要があるのか?について、3つ理由をお伝えしていきます。

 

1) 1,000時間勉強を継続する

1つ目の中小企業診断士試験においてモチベーション維持が必要な理由としては、「1,000時間勉強を継続する」必要があることが挙げられます。

中小企業診断士試験に合格するためには、最低でも1,000時間程度の勉強時間が必要と言われております。

1,000時間と聞いてもピンとこないかもしれませんが、例えば「平日2時間、休日5時間」の勉強を1年間継続すれば、約1,000時間の勉強時間を確保することができます。

「平日2時間、休日5時間」勉強し続けるためには、モチベーションが高まった時に1日10時間勉強することよりも、毎日一定のモチベーションを維持することが大切となります。

また、1,000時間というのは、あくまで合格するために「最低限」必要な時間と考えられ、実際はより多くの時間が必要となるケースも多く、数年間勉強を継続することが想定されます。

以上より、「1,000時間勉強を継続する」ためには、モチベーション維持が必要と言えます。

 

2) 勉強習慣を作る

2つ目の中小企業診断士試験においてモチベーション維持が必要な理由としては、「勉強習慣を作る」必要があることが挙げられます。

前述の通り、中小企業診断士試験に合格するためには、数年間勉強を継続する必要があります。

1週間、あるいは、人によっては1ヶ月程度であれば、毎日勉強を継続することも可能かもしれませんが、1年単位となると、途中で挫折してしまう人がほとんどかと思います。

では、挫折しないために何が必要なのかと言うと、お風呂に入る・歯を磨くといった行動と同様に、勉強することを習慣化することが求められます。

普段と同じ行動をすることは、脳に与える負荷が少ないです。

反対に、普段と異なる行動は脳に与える負荷が大きいため、脳は変化を嫌います。

つまり、一度勉強を習慣化してしまえば、脳は勉強しないことを嫌がるため、勉強が自然と継続できるようになります。

そして、勉強を習慣化させるためには、モチベーションの低下を防ぎ、とりあえず毎日勉強し続ける必要があるのです。

以上より、「勉強習慣を作る」ためには、モチベーション維持が必要と言えます。

 

3) 実務にも応用できる

3つ目の中小企業診断士試験においてモチベーション維持が必要な理由としては、「実務にも応用できる」ことが挙げられます。

モチベーションの維持は、何も試験勉強だけに必要となるものではありません。

むしろ、実務についてからの方が学ぶことが多く、継続的な勉強が必要となり、モチベーションの維持が求められます。

そのため、中小企業診断士試験の勉強を通じて、モチベーションを維持するコツを掴んでおけば、そのコツをそのまま実務についてからの勉強に、応用できるようになります。

仮に試験勉強に2年の期間を費やしたとしても、中小企業診断士として実務に従事するのが20年程度と考えれば、実務についてからの勉強の方がはるかに長く・大切であることがわかるかと思います。

以上より、「実務に応用する」ために、中小企業診断士試験でモチベーション維持のコツを学んでおく必要があると言えます。

 

2. 中小企業診断士試験のモチベーションを維持する6つのコツ

中小企業診断士試験のモチベーションを維持する6つのコツ

それでは具体的に、中小企業診断士試験のモチベーションを維持するコツについて、6つ解説していきます。

 

1) 簡単な内容を復習する

中小企業診断士試験のモチベーションを維持する1つ目のコツとしては、「簡単な内容を復習する」ことが考えられます。

モチベーションが低下している時に、難しい内容や新しい単元に取りかかろうとすると、余計にモチベーションが低下してしまうことがあります。

そこでおすすめしたいのが、「簡単」な内容を「復習」する方法です。

簡単内容であり、かつ、1度勉強したことがある内容を復習するだけであれば、勉強に取りかかるハードルがぐっと下がります。

そして、とりあえず手を動かせば、作業興奮によりモチベーションが上がっていきます。

作業興奮とは、やる気が出ない事でも、とりあえず取り組んでみることで、ドーパミンが出てやる気が出てくるという作用のことを指します。

「モチベーションを上げて行動する」のではなく、「行動することでモチベーションを上げる」といった考えです。

そのため、簡単な内容を復習して、とりあえず手を動かすことが大切となります。

以上より、「簡単な内容を復習する」ことは、中小企業診断士試験のモチベーションを維持するコツとなります。

 

2) 勉強科目を切り替える

中小企業診断士試験のモチベーションを維持する2つ目のコツとしては、「勉強科目を切り替える」ことが考えられます。

中小企業診断士は他の資格試験と比較して、出題科目の範囲が広いです。

1次試験だけでも、以下の7科目が出題範囲となっております。

A. 経済学・経済政策
B. 財務・会計
C. 企業経営理論
D. 運営管理
E. 経営法務
F. 経営情報システム
G. 中小企業経営・政策

一見すると、科目数が多いことは大きなデメリットに思えるかもしれませんが、モチベーションの観点からは、うまく利用すれば大きなメリットになります。

例えば、財務会計の計算問題を解いていてモチベーションが低下してきた場合は、企業経営理論の理論問題を解くといった具合に、複数の科目を切り替えながら勉強していくことで、モチベーションを維持しながら勉強を進めることが可能となります。

以上より、「勉強科目を切り替える」ことは、中小企業診断士試験のモチベーションを維持するコツとなります。

★関連資格の勉強で切り替える方法も!
中小企業診断士試験の各科目には、関連する資格があります。
例えば「財務会計」であれば、「日商簿記検定2級」や「ビジネス会計検定2級」が、関連資格として考えられます。

このような関連資格の勉強を間に挟む方法でも、中小企業診断士試験のモチベーションを維持することは可能となります。

関連科目の詳細については、「中小企業診断士試験の関連資格7選」をご参照ください。

 

3) モチベーションの低下を認める

中小企業診断士試験のモチベーションを維持する3つ目のコツとしては、「モチベーションの低下を認める」ことが考えられます。

モチベーションを改善させるためには、まずは今モチベーションが低下しているという事実を受け入れる必要があります。

いくらモチベーション維持のコツを知っていても、モチベーションが低下していると自分自身が認めなければ、いつまでたってもコツが使われることはありません。

モチベーションの低下を客観的に認識するためには、毎日簡単でかまいませんので、作業記録をつけておくことをお勧めします。

例えば、普段であれば1日50ページ勉強が進むはずが、半日過ぎた時点でまだ10ページしか進んでいなければ、モチベーションの低下が疑われます。

以上より、「モチベーションの低下を認める」ことは、中小企業診断士試験のモチベーションを維持するコツとなります。

 

4) 勉強環境を整える

中小企業診断士試験のモチベーションを維持する4つ目のコツとしては、「勉強環境を整える」ことが考えられます。

モチベーションと聞くと、自分の体調やその日の気分など、内的な要因に目を向ける人が多いですが、実際は外的な要因にも大きく影響を受けます。

そのため、事前に勉強環境を整えておくことは、モチベーションの維持に非常に重要なこととなります。

例えば、以下のように勉強環境を整えることが考えられます。

・勉強机の上には、勉強に関係のないものは一切置かない。
・静かに勉強できる場所を、複数用意しておく。
・騒音対策として、Youtubeの音楽や環境音を用意しておく。
・部屋を暗くしてスタンドライトをつけ、視覚的に集中できるようにする。

以上より、「勉強環境を整える」ことは、中小企業診断士試験のモチベーションを維持するコツとなります。

 

5) 偉人の名言を読む

中小企業診断士試験のモチベーションを維持する5つ目のコツとしては、「偉人の名言を読む」ことが考えられます。

歴史上の偉人の名言に、心を踊らされた経験はないでしょうか?

何かを成し遂げた人の言葉には、大きな重みがあります。

そのため、自分を鼓舞してくれる名言を事前にいくつか用意しておき、モチベーションが低下しそうになった時に、その名言を読むのは効果的な方法と言えます。

いくつか名言を列挙しますので、気に入った名言があれば、どこかにメモしておいてください。

「明日はなんとかなると思う馬鹿者。今日でさえ遅すぎるのだ。賢者はもう昨日済ましている。」
チャールズ・クーリー:社会学者

「小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道だ。」
イチロー:野球選手

「一方は「これで十分だ」と考えるが、もう一方は「まだ足りないかもしれない」と考える。そうしたいわば紙一枚の差が、大きな成果の違いを生む」
松下幸之助:実業家

以上より、「偉人の名言を読む」ことは、中小企業診断士試験のモチベーションを維持するコツとなります。

 

6) 予備校を利用する

中小企業診断士試験のモチベーションを維持する6つ目のコツとしては、「予備校を利用する」ことが考えられます。

中小企業診断士の独学は無理?独学を選ぶ前に考えるべき4つのこと」でお伝えした通り、独学で合格することも十分可能ですが、勉強期間が長期化するなどのリスクがあるのも事実です。

また、独学の場合は自分一人で勉強スケジュールを管理する必要があり、さらに、文字通り独りでの孤独な受験勉強となり、モチベーションの低下を招きやすいです。

そのため、中小企業診断士試験のエキスパートが作り上げた、予備校の講座を利用して、適切なタイミングでの講義視聴やアウトプット、スケジュール管理により、モチベーションを維持するのも1つの方法です。

以上より、「予備校を利用する」ことは、中小企業診断士試験のモチベーションを維持するコツとなります。

★最短合格を目指すなら通信講座がおすすめ!
中小企業診断士試験は、いかに効果的な方法で、短期間で効率よく勉強するかが大切となります。

効果的・効率的に勉強するポイントとしては、「①合格者の知見の活用」と「②スマホでの勉強」が考えられます。

この2点を満たした中小企業診断士講座としては、スタディング 中小企業診断士講座 がおすすめです。

短期間で合格を果たした人達の勉強法を徹底研究した効果的な学習法を採用しており、また、スマホでのオンライン学習により効率的な学習を可能としております。

5万円台で受講できますので、まずは無料講座を確認してみてください!

 

3. 終わりに

中小企業診断士試験のモチベーション維持のコツについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

数年に及ぶ長丁場の試験勉強において、モチベーションを管理することは、合格において最も大切なことと言っても過言ではありません。

この機会にどれか1つで構いませんので、モチベーションのコツを実践してみてください。

 

4. まとめ

Point!

◆とりあえず手を動かす。
◆他科目に切り替えながら、複数科目を同時並行で進める。
◆やる気が低下しているという事実をまずは認める。
◆勉強環境を整える。
◆自分を鼓舞する名言を用意しておく。
◆予備校を利用する。

財務会計のおすすめ勉強法!