ビジネス会計検定と中小企業診断士試験の意外な共通点は?

posted in: ビジネス会計検定 | 0

損益計算書や貸借対照表などの財務諸表を理解し分析できる能力は、ますます重要になってきています。

しかしこれらを理解し分析できる能力は、日々の仕事をこなしているだけでは十分に得られるものではありません。

このような財務諸表分析の能力を測る試験として、2007年からビジネス会計検定試験が実施されています。

同じく財務諸表を取り扱う簿記検定と比べて認知度はまだ低い試験ですが、回を重ねるごとに受験者が増加している注目の資格です。

(ビジネス会計検定の評判については「国家資格並みに評価・評判が高い?!ビジネス会計検定」をご参照ください。)

また、財務諸表分析のみならず、広く財務会計を学ぶことができる経営コンサル資格として、中小企業診断士があります。

中小企業診断士は経営コンサルタントの唯一の国家資格とも言われ、非常に多岐にわたる分野が出題される難関資格です。

ビジネス会計検定と中小企業診断士には、具体的にどのような共通点があるのでしょうか?

それぞれの資格の概要を紹介し、意外な共通点について解説していきます。

 

 

1. ビジネス会計検定とは?

ビジネス会計検定とは?

ビジネス会計検定は、財務諸表を理解し分析できる能力を測る試験です。

試験は、3級から1級まで実施されています。

3級と2級はマークシート方式、1級はマークシートと論述式を組み合わせた解答方式を採用しています。

3級と2級は毎年3月と9月に試験が実施され、1級は毎年3月のみ実施されます。

簿記検定が財務諸表を「作る」能力を測る試験だとすると、ビジネス会計検定は財務諸表を「分析」する能力が問われる試験です。

財務諸表分析の能力は経理だけでなく、あらゆる職種の社会人にとって基本的な知識です。

ビジネス会計検定に合格することで、企業状況について数字を使って分析できる能力を保有していることが証明できるのです。

ビジネス会計検定の詳細については「ビジネス会計検定とは?試験の内容をご紹介!」もご参照ください。

 

2. 中小企業診断士とは?

中小企業診断士とは?

中小企業診断士は、経営コンサルタントの唯一の国家資格であり、経営戦略、人事、マーケティング、財務会計、生産管理、店舗運営、経済学、IT、法務、中小企業政策など、ビジネスに関する幅広い分野の知識が問われる試験です。

中小企業診断士は、社会人が欲しい資格ランキングなどでも上位にランクされる人気資格ですが、難易度は非常に高く、合格率は1次試験と2次試験ともに20%ほどです。

1次試験は科目合格制度が設けられていますが、1次試験と2次試験のストレート合格率は毎年4%にすぎません。

1次試験では 、以下の7科目がマークシート方式で出題されます。

①「企業経営理論」
②「財務・会計」
③「運営管理」
④「経済学・経済政策」
⑤「経営情報システム」
⑥「経営法務」
⑦「中小企業経営・中小企業政策」

2次試験は以下の 4つの事例から構成される論述式の試験です。

①「事例Ⅰ(組織・事)」
②「事例Ⅱ(マーケティング・流通)」
③「事例Ⅲ(生産・技術)」
④「事例Ⅳ(財務・会計)」

 

3. 意外な共通点は?

共通点

ビジネス会計検定の試験と、中小企業診断士の1次試験「財務会計」及び2次試験「事例Ⅳ」では、どちらも財務諸表分析が試験範囲として出題されます。

そのため、ビジネス会計検定と中小企業診断士の両方を勉強することで、より深く財務諸表分析について学べます。

試験範囲では、財務諸表分析に特化しているビジネス会計検定よりも、財務諸表だけでなく、ファイナンスや意思決定なども含まれている中小企業診断士試験の財務会計の方が、より広い範囲の問題が出題されます。

つまり、中小企業診断士試験の方が、カバーするべき知識量は多いのです。

ビジネス会計検定で出題される問題は財務諸表分析に絞られていますが、財務諸表分析の知識は中小企業診断士試験の財務会計の中でも、重要な論点として扱われています。

つまり、ビジネス会計検定の試験対策を通じて、中小企業診断士試験の1次試験「財務会計」や2次試験「事例Ⅳ」の対策を兼ねることが可能となります。

ビジネス会計検定試験対策で使用したテキストを、中小企業診断士試験対策として活用することもおすすめです。

もしあなたがビジネス会計検定試験に合格したとしましょう。

しかし、ビジネス会計検定試験の合格だけでは、財務諸表分析の能力しかアピールできません。

そこで、ビジネス会計検定試験の合格で得たスキルを活かして、さらなるステップアップとして中小企業診断士試験の合格を目標にしても良いでしょう。

中小企業診断士に合格することで、財務諸表分析だけでなく、様々な視点で経営分析ができるようになるからです。

 

4. 「会計」分野を得意とする中小企業診断士に!

得意分野

中小企業診断士はいわゆる「士業」の資格ですが、独占業務があるわけではありません。

会計の分野では「公認会計士」が、法務の分野では「弁護士」が、人事労務の分野では「社会保険労務士」、そしてITの分野では専門のエンジニアがいます。

誤解を恐れずに言えば、中小企業診断士はこれらとは異なる、「ゼネラリストの資格」であり、言ってみれば「何でも屋」ということになります。

それでは、中小企業診断士は価値のない資格なのでしょうか?

いいえ、決してそんなことはありません。

中小企業診断士の強みは、ビジネスに関する幅広い範囲の知識を保有しており、発生した課題に対して、特定の分野に捕らわれず、幅広い視点から問題解決ができることです。

ビジネスの現場においても、十分評価される人材であると言えるでしょう。

そして、中小企業診断士として横断的な幅広い知識を持つだけでなく、特定の分野で強みを発揮できれば、ビジネスでさらに強く求められる人材になれます。

つまり、中小企業診断士がビジネス会計検定試験にチャレンジして合格することで、「会計に強い中小企業診断士」というポジションが確立できます。

このように専門分野を持つ中小企業診断士は、他の中小企業診断士と差別化された非常に価値の高い人材として評価されるのです。

ビジネス会計検定だけでも就職や転職の際に評価されるのか?につきましては、「ビジネス会計検定は就職・転職に有利?関係ない?」をご参照ください。

 

5. 終わりに

ビジネス会計検定と中小企業診断士の関連について紹介してきました。

この2つの資格はともに「会計」分野が出題内容とされており、密接な関係があることがおわかりいただけたかと思います。

インターネットを検索すると、中小企業診断士の合格を目指して勉強している人のブログやホームページが多数公開されていることがわかります。

その中には、ビジネス会計検定の資格保有者もいるようです。

ビジネス会計検定の資格を、中小企業診断士へのステップアップとして活用するか、それとも会計に強い中小企業診断士として活かすかは、資格を保有している人が自由に選択できます。

どちらにしても、財務諸表分析を始めとした「会計」の知識は、ビジネスパーソンにとって必要であることは間違いありません。

 

6. まとめ

Point!

◆ビジネス会計検定と中小企業診断士はともに「会計」の分野が出題される。
◆中小企業診断士の1次試験「財務会計」と2次試験「事例Ⅳ」がビジネス会計検定と重複する部分がある。
◆中小企業診断士がビジネス会計検定試験に合格することで、「会計に強い診断士」として活躍できる。

ビジネス会計検定講座はこちら