ビジネス会計検定3級とは?受験要項・合格率・勉強方法

posted in: ビジネス会計検定 | 0

皆様は、ビジネス会計検定をご存知でしょうか?

まだそこまで知名度が高くない資格ながら、近頃じわじわと注目を集めています。

会計の知識は昔から、「持っているに越したことは無い」と言われています。

資格としては簿記検定が有名で、経理部門に限らず、上司から取得を促される若手ビジネスパーソンも少なくありません。

そんな中、なぜ今ビジネス会計検定が注目を集めているのでしょうか?

本記事では、ビジネス会計検定そのもののご紹介と、最初のステップとなる3級の受験要項や合格率・勉強方法についてご紹介します。

筆者の情報
・公認会計士
・監査法人➡経理に出向➡ベンチャー➡自営業
・ビジネス会計検定3級に一発合格した経験をもとに、ビジネス会計検定講座3級の講師も担当。
・紹介記事「公認会計士が語る体験談!

 

ビジネス会計検定講座はこちら

 

1. ビジネス会計検定とは

ビジネス会計検定試験とは

ビジネス会計検定は比較的新しく、まだ知名度がさほど高くない資格です。

この記事をお読みの方は、ご自分のキャリアにどう役立てられるのか気になっていることと思います。

まずは、ビジネス会計検定試験はどんな試験なのか、一緒に見ていきましょう!

既にこの検定についてご存知の方は、次の項目「2. ビジネス会計検定 3級で問われる内容、出題形式と受験要項」へお進みください。

 

1) ビジネス会計検定とは

検定公式HPでは、ビジネス会計検定について、以下のように説明されています。

「財務諸表に関する知識や分析力を問うもので、財務諸表が表す数値を理解し、ビジネスに役立てていくことに重点を置いています。」

財務諸表とは、いわゆる「決算書」。

損益計算書やキャッシュフロー計画書など、ビジネスパーソンなら一度は聞いたことのある書類で構成されています。

企業は、利害関係者に向けて情報開示をするために、財務諸表を作成します。

公式HPの説明を言い換えると、受験者はビジネス会計検定試験において、財務諸表を読み、企業の財務状況や経営成績等を分析する能力を問われることになります。

 

2) 会計知識の検定なら、簿記検定の方が有名

冒頭でお話しした通り、財務諸表に関する会計の知識を測る検定には、「簿記検定試験」が昔から知られています。

「簿記」、「日商簿記」という形で聞き慣れている方は、多いことと思います。

財務諸表は、企業の経営における、健康診断書

これを適切に読み解くスキルを持つことができれば、その企業に将来性はあるのか、経営リスクはどこにあるのか、経営陣の関心がどこにあるのか等、様々なことを数字を通して知ることができます。

ビジネスシーンでは、こういった能力を持つことは大きなアドバンテージとなります。

 

3) なぜ今、ビジネス会計検定試験なのか?

財務諸表の知識をつけることの有効性は、わかるかと思います。

一方で、会計知識の検定なら、簿記の方が有名なことも明らかです。

では、なぜ今ビジネス会計検定が注目されているのでしょうか?

その理由は、ビジネス会計検定と簿記検定の間にある、決定的な違いにあります。

簿記検定は、財務諸表をルールに従って「作成する」スキルを測る試験であるのに対し、ビジネス会計検定は、財務諸表を分析し「読み解く」スキルが問われるのです。

経理部門に所属しないビジネスパーソンや、企業に属さない学生、投資をする方にとって、より身近なスキルはどちらでしょうか?

それは後者、財務諸表を「読む」スキルですね。

ビジネス会計検定では、多数の方々にとって、より実用的なスキルをダイレクトに学ぶことができます。

 

2. ビジネス会計検定3級で問われる内容、出題形式と受験要項

ビジネス会計検定 3級で問われる内容、出題形式と受験要項

ビジネス会計検定には、1級から3級まで、3つのレベルが存在します。

既にある程度の知識をお持ちの方なら、いきなり2級や1級から挑戦することも可能です。

1級と2級、2級と3級など、隣り合う2つの級を併願することも可能です。

本記事では、最もチャレンジしやすい3級について、ご紹介します!

 

1) ビジネス会計検定3級の出題形式と試験時間

ビジネス会計検定3級の回答は、全問マークシート方式で行います。

問題には、正誤の判断や、言葉や数字の選択問題、電卓を使った計算問題などがあり、後半では財務諸表を見ながら、基礎的な分析を行います。

検定の公式HPでは、各級の試験問題例を見ることができますので、気になる方はぜひチェックしてみましょう。

試験時間は2時間、これとは別に当日行われる説明や配布・回収に15~30分程度かかります。

*その分試験時間が減るわけではなく、各会場ごとに説明や配布が終わった段階から試験監督の時計で2時間がカウントされますのでご安心ください。

 

2) ビジネス会計検定3級の受験要項

①試験日・申込み・結果発表のスケジュール

3級の試験は、年2回、3月と9月(*2020年の第27回は10月)に実施されます。

申し込み受付は、試験日の2〜3ヶ月前に始まり、1ヶ月ほどの期間を経て、受付終了となります。

通常、試験日の2週間ほど前に、受験票が届きます。

結果は、成績表の発送によって試験日から1ヶ月強で知らされます。

 

②受験地

受験地は、全国から選ぶことができます。

札幌、仙台、さいたま、東京、横浜、新潟、金沢、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、山口、松山、福岡の中から受験地を選択し、後日、受験票で会場が知らされます。

 

③受験料の金額と支払い方法

3級は、受験料の金額においても、ビジネス会計検定の中で最も受験しやすい級ということができます。

4,400円(税込)を、インターネット・コンビニ・郵便振替のいずれかの方法で支払います。

 

④受験資格

学歴や性別、年齢・国籍を問わず、どなたでも受験可能です。

 

3) 問われる内容

3級の出題範囲は公式テキストに準拠したものとなりますため、以下の公式テキストの内容をしっかり押さえておく必要があります。

ビジネス会計検定3級公式テキスト

公式テキスト3級 第4版

 

具体的には、以下の内容となります。

第1章から第4章:財務諸表に対する「知識」を問う内容

・財務諸表とはそもそも何なのか?
・貸借対照表
・損益計算書
・キャッシュフロー計算書

第5章:財務諸表の「分析力」を問う内容

・基本分析
・成長性分析
・安全性分析
・キャッシュフロー情報の利用
・収益性の分析
・1株当たり分析
・1人当たり分析

勉強を開始する前にまず、上記の全体像を押さえておきましょう。

★木を見て森を見ずにならないように!
何の勉強でも言えることですが、まず目次を見て全体像を確認した上で勉強に取り組まないと、今自分がどこの勉強をしているかわからなくなり、迷子になってしまいます。
その結果、モチベーションが低下して、勉強をやめてしまうことも少なくありません。

また、目次を見る以外に全体像を把握する方法として、まず過去問を「見る」こともおすすめの方法となります。
初めに過去問を見ることで、問題を解くことはできなくても、何となく「こんな問題がでるんだな」というイメージが湧き、目次を見る以上に全体像を掴むことができます。

ビジネス会計検定3級であれば、公式の問題集に掲載されている問題にまずは目を通してみてください。

 

3. ビジネス会計検定3級の難易度

ビジネス会計検定3級の難易度

ビジネス会計検定の3級では、財務諸表を分析し、理解するための基礎的な力を測ります。

会計初心者にも挑戦しやすいレベルのため、難易度は決して高くありません。

年度によりばらつきのある合格率も、直近2年度ではほぼ60〜70%をキープしています。

受験者数が最も多いのも、3級です。

このため履歴書でのアピール力はさほど大きくありませんが、3級で基礎力をつけることで、次の級に必要な知識の土台を築くことができます。

しかし、最も基礎的な級とはいえ、あまりゆったりと構えていると、痛い目に合います。

簿記検定よりも少し高い受験料を無駄にしないためにも、しっかり対策を練って勉強しましょう。

一方で、ビジネス会計検定3級に合格すれば、その費用対効果は高いということができます。

上で述べてきた様に、財務諸表を「読む」、広く実務に直結した力をつけることが可能です。

ビジネス会計検定の難易度の詳細につきましては、「ビジネス会計検定の難易度・合格率は??」も合わせてご参照ください。

 

4. 勉強方法・勉強時間

勉強方法・勉強時間

ビジネス会計検定の勉強法は、公式テキスト・過去問題集を使用した独学が王道です。

平均合格率が60%を超える3級の難易度から考えても、公式テキストと過去問題集をしっかりとやり抜けば合格は十分可能と言えます。

公式のテキスト・問題集が販売されており、Amazon等インターネットでも購入可能です。

一方で、合格の可能性を上げるためには、ぜひ予備校の対策講座の利用も検討してみましょう。

専門の講師から教わり、最短距離で合格すれば、元は十分とれるかと思います。

合格するまでの勉強時間は、会計初心者の方で100時間を目安に考えておくと良いでしょう。

ご自身で受験する試験日を決める際の参考にしてください。

勉強時間・勉強期間の詳細は「ビジネス会計検定試験の勉強時間・勉強期間はどのくらい??」をご参照ください。

★7,700円で受講できる!
会計ショップのビジネス会計検定3級講座であれば、7,700円(税込)という低価格で最短合格を目指すことが可能です。

プロ講師による講義を聞くことで、勉強時間を削減でき、ビジネスシーンで活躍できる力が付くと考えれば、決して高くはない投資です。
この機会に、ぜひ一緒に合格を目指しましょう!

ビジネス会計検定講座

 

5. 終わりに

いかがでしたでしょうか?

「会計のカの字も知らない…」と不安だった方も、3級からならチャレンジできそうですよね。

本記事を通してビジネス会計検定試験に興味を持ち、皆様のキャリアアップに繋げていただければ、とても嬉しく思います。

少しでも、受験してみようかな、と思った方は、ぜひ一歩を踏み出してみてください!

 

6. まとめ

Point!

◆ビジネス会計検定では、財務諸表を読み解く力を養うことができる。
◆検定で得られるスキルは、ビジネスシーンでも日常でも、広く役に立つ。
◆ビジネス会計検定3級の難易度は、決して高く無い。
◆油断は禁物だが、合格すれば費用対効果は高い。
◆合格までの勉強時間は100時間が目安。

ビジネス会計検定講座はこちら