簿記の通信講座おすすめ3選!合格実績よりも相性が大切?

posted in: 簿記検定 | 0

今回は、元簿記講座の運営者である筆者の経験をもとに、まずは簿記検定の通信講座の選び方として、

・「講座代金」
・「講義との相性」

の2点について、解説していきます。

後半では、おすすめの通信講座を3つ紹介しておりますので、ぜひご一読ください。

筆者の情報
・公認会計士
・監査法人➡経理に出向➡ベンチャー➡自営業
・ベンチャー時代に簿記講座を運営

 

 

1. 簿記通信講座の選び方

結論からお伝えすると、簿記2級までであれば、どの通信講座を受講しても、しっかりとやり切れば合格できます。

そのため、簿記の通信講座を選ぶにあたり、合格実績はあまり重視する必要はないです。

では何を重視するのか?と言えば、「講座代金」と「講義との相性」の2点となります。

順に見ていきましょう。

 

1) 講座代金

講座代金については当然ながら、できるだけ安いに越したことはありません。

そこで、主要7社の簿記通信講座の代金について、以下の前提をもとに、比較してみましょう。

・税込価格
・Web通信講座
・割引後の価格
通信講座 簿記3級 簿記2級
TAC 14,800円 82,000円
大原 22,000円 69,100円
LEC 16,500円 59,400円
ネットスクール 10,000円 40,200円
クレアール 9,620円 34,450円
フォーサイト 10,780円 31,680円
スタディング 3,828円 19,778円

通学講座もある大手のTACや大原は、店舗の賃料や人件費を講座代金に反映する必要があるため、通信講座といえども高額となります。

これに対して、通信に特化しているスタディングなどは、その分安価な料金となっております。

本記事では、簿記3級と2級を合わせて5万円以下で受講できる、「クレアール」「フォーサイト」「スタディング」の3つを、おすすめの通信講座として紹介していきます。

 

2) 講義との相性

簿記の通信講座に関しては、合格実績よりも講義との相性が大切と言えます。

具体的には、以下の3点となります。

・講師の話し方
・講義動画の見やすさ
・講義画面の使いやすさ

ただ、この点については、実際に使ってみないとわかりません。

そのため、各通信講座のサンプル講義を視聴して、確認する必要があります。

簿記講座を運営していた経験上、サンプル動画で感じた違和感が、本講義で解消されるといったケースはほぼないため、サンプル動画で自分に合うかどうか、確かめてみてください。

それでは、各通信講座のメリット・デメリットや講座の特徴を確認した上で、サンプル動画の入手方法を確認してみましょう。

 

2. 通信講座おすすめ3選

1) クレアール

クレアール簿記講座
【こんな人におすすめ!】
・しっかりと簿記を勉強したい人
【講義時間】
・3級:約30時間
・2級:約46時間

合格に必要な範囲だけを徹底的に勉強する「非常識合格法」を確立した資格予備校である、クレアール。

「合格に必要な範囲だけ」と聞くと、さぞ内容が簡素なのだろうと思われるかもしれません。

しかし、後述の2つよりもはるかに講義時間が多く、実は簿記をしっかりと勉強したい人におすすめの通信講座となります。

出題可能性が高い範囲、つまりは基礎的な範囲を徹底的に反復するためには、これだけの講義時間が必要だと言うのは、私の経験上もうなずけます。

 

メリット&講座の特徴

・山田講師の人気が高い。
・基礎からしっかりと学べる。
・問題集は全問解説動画付き。
・解法テクニックを講義で学べる。
・電話やメールで回数制限なく質問可能。
・試験日から1年間講義視聴を延長できる。

 

デメリット

・講義時間が多く短期合格には不向き。

 

③ 合格体験記

クレアールの講師は現役の公認会計士など実務経験豊富な方々が多く、単に問題を解くのではなく実務の話を交えながら説明して下さるのでイメージしながら学習することができます。
クレアールの講義は映像の講義だからと言って、講師のペースではなく、その場で受講されている受講生視点での講義であり、あたかも自分がその先生から生で授業を受けているかのように感じることができます。機械的なものではなく、メリハリのある授業であるというところも私が気に入っているところです。

 

④ 詳細情報

・Youtube(第154回3級解答解説)

・サンプル講義の確認方法

✔ 資料請求してサンプルDVDを入手
✔ HP上のサンプル講義を視聴

・公式HP

クレアール簿記講座

 

2) スタディング

スタディング簿記講座
【こんな人におすすめ!】
・とにかく安く早く合格したい人
【講義時間】
・3級:約6時間
・2級:約14時間

スキマ時間にスマホで学習できる簿記通信講座を提供する、スタディング。

運営会社のKIYOラーニングは、後発のベンチャー企業でありながらマザーズに上場するなど、会社としても信頼のおける通信講座となります。

不要な運営コストを削減することで業界最安値を実現しておりますが、講義動画の質も高く、講義画面の使いやすさも申し分ないです。

また、講義時間も最小に抑えているため、安く早く合格したい人におすすめの通信講座と言えます。

 

メリット&講座の特徴

・圧倒的低価格。
・講義動画の画質がきれい。
・最小の時間でインプットができる。
・スマホがあればどこでも学習できる。

 

デメリット

・質問ができない。
・しっかりと学びたい人には不向き。
・全てWeb教材であり紙の教材がない。

 

③ 合格体験記

電車での通勤時に、スマート問題集を繰り返し解く事により、仕訳が瞬時に頭に浮かぶようになり、問題回答時間短縮に役立ちました。仕事も忙しく、勉強時間確保が難しい中、スキマ時間を有効活用できる、スタディング簿記講座は大変役に立ちました。
通勤中はダウンロードした映像授業で勉強し、家に帰ってから、スマート問題集を解いて理解を深めました。分からない単元は繰り返し見ることができたのもとてもありがたかったです。

 

④ 詳細情報

・Youtube(CM)

・サンプル講義の確認方法

✔ 会員登録して初回講義を視聴

・公式HP

スタディング簿記講座

 

3) フォーサイト

フォーサイト簿記講座
【こんな人におすすめ!】
・確実に合格したい人
【講義時間】
・3級:約11時間
・2級:約27時間

充実した教材で高い合格率を誇る通信講座を提供する、フォーサイト。

2020年2月開催の全国平均合格率28.6%の日商簿記検定2級においても、66.7%という非常に高い合格率をたたき出しております。

また、受講生参加型のオンラインライブ講義「eライブスタディ」など、モチベーションを保つための新しい取り組みにもチャレンジしており、確実に合格したい人におすすめの通信講座と言えます。

 

メリット&講座の特徴

・合格率が高い。
・フルカラーテキスト。
・メールでの無料質問が可能。
・専用スタジオで収録した臨場感ある講義。

 

デメリット

・無料質問には回数制限がある。
・フルカラーテキストが逆に見づらい。
・講義はクレアールの方が充実している。
・価格はスタディングの方が安い。

 

③ 合格体験記

先生の講義はとても聴きやすく、親身で教科書に沿って講義してくれるので、とても理解しやすかったです。自然に受かる自信もついてきました。
講師の説明はとっても分かりやすく、まるで学校に通って授業を受けているような感覚で学習できました。また、フオーサイトのテキストはカラーで見やすく、簿記が全く経験のない私でも86点で受かりました。

 

④ 詳細情報

・Youtube(サンプル講義)

・サンプル講義の確認方法

✔ 上記Youtubeのサンプル講義を視聴
✔ 資料請求してサンプルDVDを入手

・公式HP

フォーサイト簿記講座

 

3. 簿記検定おすすめ記事

ここでは以下の4つの視点から、簿記検定について解説した記事の、概要を紹介していきます。

1) 勉強時間
2) 難易度・合格率
3) 3級と2級の併願受験
4) 合格点をとる勉強方法

気になる記事がありましたら、ぜひ内容を確認してみてください。

 

1) 勉強時間

どの程度勉強すれば合格できるのか、初めにめどを立てておくことは大切です。

本記事では、簿記検定3級・2級に合格するために必要な勉強時間や、標準的な勉強期間(例:5ヶ月)について解説しております。

また、短期合格を考えている人に向けて、「2か月」や「1ヶ月」での合格が本当に可能なのか?といった点についてもお伝えしております。

簿記3級・2級の勉強時間は?一ヶ月・二ヶ月での合格は可能?

 

2) 難易度・合格率

勉強時間と合わせて気になるのが、簿記検定の難易度・合格率。

本記事では、公式サイトが公表している合格率を鵜呑みにすることなく、以下の2点を考慮した真の合格率について、解説しております。

・受験をあきらめた人達。
・記念受験の人達。

建設業経理士・ビジネス会計検定・FP技能検定といった、他資格との難易度比較も行っておりますので、ぜひ確認してみてください。

簿記の難易度・真の合格率とは?他資格と徹底比較!

 

3) 3級と2級の併願受験

ある程度勉強時間を確保できる人、あるいは経理職など既に簿記に触れたことがある人は、簿記3級と2級の併願を検討してみるのも、1つの方向性です。

本記事では、3級と2級を同時受験するメリット・デメリットや、必要な勉強時間について解説しております。

また、同時受験のポイントとして、以下の4点についてもお伝えしております。

・勉強時間を確保する。
・3級をしっかり勉強する。
・予備校の通信講座を利用する。
・本番の練習をする。

簿記の併願(同時受験)はやめた方がいい??

 

4) 合格点をとる勉強方法

闇雲に勉強を開始してしまうと、無駄に時間がかかったり、最悪の場合不合格となってしまうことが考えられます。

そこで大切となるのが、勉強法の利用です。

本記事では、簿記検定におすすめの以下の7つの勉強法について、解説しております。

・教材は1つをやり切る。
・いきなり勉強計画を立てない。
・Input⇔Outputの繰り返し。
・当日/1週間後/1か月後の復習。
・手を動かして勉強する。
・自分に合う解法を探す。
・必ず合格するという気持ちを持つ。

簿記で合格点をとる勉強方法7選!

 

4. 終わりに

簿記検定の通信講座の選び方や、おすすめ簿記通信講座についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

大切なのは、通信講座選びに時間をかけずに、1日でも早く勉強を開始することです。

合格を目指して、走り出しましょう。

 

5. まとめ

Point! ◆「講座代金」と「講義との相性」が通信講座選びには大切。
◆『クレアール』『スタディング』『フォーサイト』の3つがおすすめ。
会計系おすすめ資格はこちら