クレアールの公認会計士講座の評判は?非常識合格法で合格できるの?

posted in: 公認会計士 | 0

公認会計士試験の最短合格を目指している人であれば、一度はクレアールの非常識合格法に興味を持ったことがあるのではないでしょうか?

一方で、本当にクレアールの講座で合格できるのか、不安に思った人も多いかと思います。

そこで今回は、クレアールの公認会計士講座の評判や講座の特徴について、順に解説していきます。

筆者の情報
・公認会計士
・監査法人➡経理に出向➡ベンチャー➡自営業
・公認会計士講座の運営、販売経験あり

 

 

1. クレアール公認会計士講座の評判

ここでは、クレアールの公認会計士講座の評判を、受講生と合格者それぞれの立場から見ていきます。

 

1) 受講生からの評判

まずは受講生からの評判として、SNS上にあった意見を見ていきましょう。

① 非常識合格法が腑に落ちた

クレアールの代名詞と言えば、「非常識合格法」。

合格するために必要な最小限の論点に絞ることで、勉強時間の最小化を目指しています。

試験範囲が膨大な公認会計士試験において、多くの人が興味を惹かれる勉強法であり、クレアールを選んだ理由としてよく挙げらます。

 

② 論文までを考えると心もとない

必要最小限に絞った薄いテキストであるため、論文式試験までを考えた場合は、クレアール以外の教材をプラスアルファで検討する必要があるという意見もあります。

また、公認会計士講座としては比較的安価なため、サポート体制が大手ほどはなく、この点でも論文式試験までを考え不安に感じる受講生も多いです。

 

③ 良くも悪くもハマる人にはハマる

非常識合格法や簿記1級を前提としたカリキュラムなど独自性が強く、良くも悪くもハマる人にはハマる講座と言えます。

 

④ 講義の質は大手に劣る

大手の公認会計士予備校の講義と比べると、やはり見劣りしてしまうといった意見が多いのも印象的です。

また、他校であれば多かれ少なかれ人気講師が存在しますが、クレアールにはこれといっていません。(簿記3・2級や1級の一部を担当されている山田先生は人気です。)

 

⑤ 合格可能性を上げたいなら他校を検討

クレアールの合格者は当然にいるので、少なくとも絶対に合格できないということはありません。

一方で、金銭や勉強期間をある程度確保できるのであれば、合格可能性を最大限に高めるためにも、大手予備校に通った方が賢明という意見もあります。

 

以上の通りSNS上での評判は、どちらかというとマイナスの方が多い印象です。

 

2) 合格者からの評判

一方で、クレアールの合格者からの評判を見てみると、クレアールを信じて勉強していけば、合格することは十分可能であることがわかります。

ただ、SNS上の評判とのギャップを考慮すると、懇切丁寧な講義やサポートを期待している人にはハマりにくいと言えます。

以下にクレアールの合格体験記からいくつか抜粋しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

合格体験記

クレアールを選んだ理由
①価格が安いこと ②非常識合格法に書かれているノウハウが非常に説得力があり、自分に合っていると感じたことです。実際に受験した実感からしても、公認会計士試験に臨むにはその膨大な試験範囲を網羅的に勉強するよりもポイントをいかに絞って効率良く勉強するかが大事だと感じました。
「クレアールでさえ相当しんどいのだから、もし他校に入学していたら、消化不良を起こして早々に脱落していただろうな」と感じていました。…クレアールに学習範囲を絞ってもらい、しかも受講料が安い上に、合格という結果を得ることができたので、クレアールが最良の選択だったと思います。
私も含めクレアールの合格祝賀会でお話を伺った方々も、クレアールの教材のみで合格しています。…公認会計士試験は範囲が膨大であり、必然的に多くの学習時間を確保する必要はありますが、試験範囲のすべてに対してやみくもに取り組んでいたのではとても消化しきれません。しかし、クレアールではそのような心配は無用であり、費用対効果の非常に高い予備校であると私は確信しております。

 

合格者インタビュー

 

2. クレアールの特徴

ここでは、クレアール公認会計士講座の特徴について、3つお伝えしていきます。

 

1) 薄いテキスト

1つ目のクレアールの特徴としては、「薄いテキスト」が挙げられます。

クレアールのテキストは合格に必要な基礎的な論点に範囲を絞っているため、他の予備校に比べて薄いです。

知識不足になり本番で知らない論点が出ないか心配…と思う方も多いかもしれません。

ただ、公認会計士試験の試験範囲は膨大であり、そもそも全ての範囲を覚えるのは無理です。

大手のテキストを使用して、大事な論点だけを勉強するというのも1つの方法ですが、初学者が大事な論点を自分で見極めるのは非常に困難です。

そのため、予備校側が必要最小限の内容に絞りテキストを作成することで、受講生も迷わず最短距離を走ることが可能となります。

★なぜ大手のテキストは厚いのか?
試験本番では、合否の差はほとんどつかない難問も出題されます。

このような問題に対しても大手予備校としては、「テキストには掲載していた」というスタンスをとるために、できるだけ網羅性を重視する必要があります。

その結果として、テキストが厚くなるのです。

 

2) まずは簿記1級まで学習する

2つ目のクレアールの特徴としては、「まずは簿記1級まで学習する」ことが挙げられます。

クレアールの講座では、簿記3級から簿記1級までをまず勉強して計算力を養い、その後公認会計士試験の各科目の勉強に入っていくというカリキュラムが組まれております。

一方で他校では、簿記2級までの勉強をした後に会計士試験の各科目に入るのが、スタンダードなカリキュラムとなります。

簿記1級まで勉強するメリット・デメリットは、以下の通りです。

 

メリット

公認会計士試験合格までの道のりは長く、モチベーションを維持するのが大変です。
そのため、簿記1級合格という中間目標を途中に設けることで、モチベーションを維持しやすくなります。

 

デメリット

簿記1級と公認会計士試験の簿記論の範囲は、必ずしも同じではありません。
また、同じ範囲でも濃淡(重要度)が異なります。
そのため簿記1級の勉強をすることは、会計士試験で必要のない範囲まで、あるいは会計士試験では軽く扱う範囲までしっかり勉強することとなるのです。

 

3) 最長4年のコース設定

3つ目のクレアールの特徴としては、「最長4年のコース設定」が挙げられます。

他校であれば最長で2年程度のコース設定となりますが、クレアールの場合は4年のコースが用意されております。

公認会計士試験の勉強時間は3,000時間?私は3倍必要でした」でお伝えしている通り、公認会計士試験に合格するためには、長期戦を覚悟する必要があります。

そのため、合格までに4年程度を想定している人は、初めから4年のコースを選択するのも1つの方法です。

また、以下のキャッシュバックも用意されており、金銭的にもお得なプランと言えます。

・短答、論文それぞれに合格お祝い金
・受験料もクレアール負担
・未受講分全額返金

★中途半端な位置づけ
コストパフォーマンスで予備校を比較した場合、実はクレアールは中途半端な位置づけとなります。

パフォーマンス(合格実績)は大手のCPA 、TAC、大原の方が優れており、コスト(講座の価格)はLECの方が安いためです。

詳細については、「公認会計士の予備校比較ベスト5!会計士がコスパ重視で選んでみた」をご参照ください。

 

3. 公認会計士講座の詳細

クレアール-公認会計士

クレアールの公認会計士講座では、4年後までの各年度を合格目標とした「スタンダードコース」(直近の試験は「全力投球コース」)が用意されております。

また、3年後・4年後に向けたプランについては、前述のキャッシュバック保証がついている「トータルセーフティコース」も用意されております。

最終的に合格することができれば、スタンダードコースよりもトータルセーフティコースの方が、お得なプランとなります。

例えば、2021年8月に勉強を開始した場合のコースを以下に掲載しておきますので、参考にしてみてください。(初学者対象Web通信の価格)

合格年度 スタンダード セーフティ
2022年 400,400
2023年 421,200
2024年 444,600 577,600
2025年 600,400
2026年 623,200

講座の最新情報やさらなる詳細については、資料請求してご確認ください。

クレアール 資料請求

 

4. 終わりに

クレアールの公認会計士講座の評判について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

一定の合格者を輩出している一方で、マイナスの評判もよく目にする、ハマる人にはハマる講座。

他の予備校の講座と比較検討しながら、自分に合うか判断してみてください。

 

5. まとめ

Point! ◆最小限の内容のため勉強量は抑えられる。
◆講義の質は大手に劣る。
◆簿記1級まで学習するカリキュラム。
◆ハマる人にはハマる講座。
コスパNo.1の会計士予備校