FPはAIによってなくなる?生き残るために必要なスキルとは?

posted in: FP | 0

「AIによってなくなる仕事○○選!」

このような記事を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

税理士や経理など、数多くの職業が挙げられており、FPがその一つとして挙げられることもあります。

(経理とAIについては「経理はAIでなくなる!?人工知能に負けないためには??」をご参照ください。)

はたしてFPは、本当にAIに代替されてしまう職業なのでしょうか?

私個人としては、FPはなくならないと考えております。

そこで今回は、まず一般的にFPがAIに代替されると言われている理由について解説した上で、FPがAIに代替されない理由についてお伝えしていきます。

また後半では、今後FPとして生き残っていくために必要となるスキルについても解説しますので、ぜひご一読ください。

筆者の情報
・公認会計士
・監査法人➡経理に出向➡ベンチャー➡自営業
・監査法人では金融機関の監査業務に従事。
・ベンチャー時代にAIを利用した事業に従事。
・紹介記事「公認会計士が語る体験談!

 

FPと相性のいい資格とは?

 

1. FPがAIに代替されると言われる理由

FPがAIに代替されると言われる理由

1) 資格関連の職業はAIの得意分野

FPがAIに代替されると言われる1つ目の理由としては、「資格関連の職業はAIの得意分野」であることが挙げられます。

弁護士や公認会計士・税理士、あるいはFPといった資格や検定と関連する職業は、知識が体系化されておりわかりやすい分、定型的な作業が多いです。

顧客の法律相談や会計・税務相談、あるいは資産運用に関する相談などは、ある程度答えが決まっており、定型作業の要素が強いです。

そして、定型作業は問いと答えを覚え込ませればいいだけなので、AIの得意とする分野となります。

資格・検定に関しては、受験のためにわかりやすい教材が多数出ており、AIに読み込ませる題材が多いため、AIにとって非常に進出しやすい分野となります。

以上より、「資格関連の職業はAIの得意分野」であることは、FPがAIに代替されると言われる理由となります。

エストニアには税理士がいない!?
エストニアでは、キャッシュレス化や個人ID(日本のマイナンバーに相当)での政府による資産管理が進んでおり、税務申告が簡単に行えるため、税理士はいらなくなったと言われることがあります。(*実際に税理士という職がなくなったわけではありません。)

このようなIT先進国の事例を引き合いに出して、ITシステムによる情報の一元管理やAIの利用により、今後多くの分野でも同様に、士業の仕事が奪われるのではないか?と言われることが増えています。

 

2) 家計管理をAIがやってくれる

FPがAIに代替されると言われる2つ目の理由としては、「家計管理をAIがやってくれる」ことが挙げられます。

FPの主な仕事の1つに、顧客の家計管理について相談に乗る業務があります。

家族構成や勤務先、住宅ローンの有無、加入している保険などの情報をもとに、顧客の家計管理を改善するためのアドバイスを行います。

しかし、近年では便利な家計簿アプリが多数開発されており、また、一部のアプリにはAIが導入され、入力された家計簿の状況をもとに、AIが必要なアドバイスを行います。

今後もこのようなAIを導入したアプリが、いっそう増えてくることが予想されます。

顧客としても、AIで自動化されることにより、従来FPに支払っていた金額が浮くため、コストメリットが大きいです。(アプリにAIによるアドバイスが実装されている場合、追加の料金は発生しない、あるいはわずかであるケースが現状では多いです。)

以上より、「家計管理をAIがやってくれる」ことは、FPがAIに代替されると言われる理由となります。

 

3) 資産運用はAIの方が得意

FPがAIに代替されると言われる3つ目の理由としては、「資産運用はAIの方が得意」であることが挙げられます。

家計管理と並んでFPの主な業務となるのが、顧客の資産運用アドバイスです。

現状保有している、あるいはこれから保有しようとしている金融資産や不動産について、顧客にアドバイスをすることで、顧客の資産を増加させる手助けをします。

しかし、株式や投資信託などの金融資産は、市場の膨大なデータを解析して答えを導き出せるAIの方が本来は得意な業務であり、今後AIによる運用がより活発になると予想されています。

現状でも既にAIによる株式・投資信託運用を行っている会社も一定数あり、一人の人間であるFPがAIより優れたデータ解析を行うのは非常に難しいです。

そのため、資産運用についてFPに任せるよりは、AIをに任せた方がいいのではないか?といった論調が今後さらに加速する可能性があります。

以上より、「資産運用はAIの方が得意」であることは、FPがAIに代替されると言われる理由となります。

★不動産の運用はAIに代替されにくい!?
株式などの金融資産の運用と比較して、不動産の運用はAIに代替されにくいと言われることがあります。
不動産は個別の物件ごとに状況が異なり、同じような条件の物件でも収益性や物件の価格が異なることがあるなど個別性が強いため、AIにより代替されにくいと言われております。

また、株式などは公の市場があり、相場の変動などについてリアルタイムで確認できる環境が整っているのに対して、不動産にはそのような市場がないことも、AIによる運用に不向きな理由と言えます。

 

4) 答えがわかれば相談はいらない

FPがAIに代替されると言われる4つ目の理由としては、「答えがわかれば相談はいらない」ことが挙げられます。

資産運用にしろ家計の管理にしろ、AIによりやるべきことが導き出されるようになれば、そもそもFPへの相談が不要になる可能性があります。

答えを導き出すために本来は相談するのですが、そもそもAIによって答えが用意されているのであれば、答えを導きだす過程が不要となり、結果としてFPはいらないのでは?といった流れになります。

以上より、「答えがわかれば相談はいらない」ことは、FPがAIに代替されると言われる理由となります。

 

FPがAIに代替されると言われている一般的な理由について紹介してきました。

しかし、筆者はFPの職業はAIに代替されないと考えております。

その理由について、次項で順に解説していきます。

 

2. FPがAIに代替されない理由

FPがAIに代替されない理由

1) どこのAIがいいのか判断する

FPがAIに代替されない1つ目の理由としては、「どこのAIがいいのか判断する」必要があることが挙げられます。

先ほど株式などの資産運用はAIにより行われ、FPのアドバイスが不要になるのではないかとお伝えしました。

しかし、各社がAIを使い始めたら、結局どこのAIがいいのか専門家の立場から判断する必要が生じます。

この際に、AIに関する最低限の知識も必要ですが、扱っている分野が金融分野であれば、金融の専門家であるFPによる判断が必要となります。

今まで各社が人によって運用していたのがAIに代わるだけで、結局どこに任せたらいいのか?といったアドバイスをFPが行うことは今と変わりありません。

以上より、「どこのAIがいいのか判断する」必要があることは、FPがAIに代替されない理由となります。

 

2) 理屈を簡単に説明する

FPがAIに代替されない2つ目の理由としては、「理屈を簡単に説明する」必要があることが挙げられます。

突然ですが、もし皆様が1万円を株で運用しようと思った場合に、過去に好成績を収めているAIから「○○株に投資したら1年後に株価が20%増加するので投資すべきです。」とアドバイスを受けたら、投資しますでしょうか?

そのAIの実績にもよりますが、特に抵抗なく投資する人もいるかと思います。

では、1,000万円を株で運用しようと思った場合はどうでしょうか?

おそらくほとんど人が、単にAIに「これが最適です。」と言われただけでは納得しないかと思います。

運用する金額が増えれば増えるほど、なぜそうなるのか?といった詳細な説明を求めるのが、人間の心理です。

もちろんAIが自身で導き出した過程を説明することも可能ですが、顧客の顔色を伺いながら、適切な粒度・難易度で説明するといったことは、現状AIでは難しいです。

AIはゴールについて提案できても、ゴールまでの道のりについて顧客に説明するのは、人間であるFPの方が優れています。

以上より、「理屈を簡単に説明する」必要があることは、FPがAIに代替されない理由となります。

 

3) 顧客の感情に寄り添う

FPがAIに代替されない3つ目の理由としては、「顧客の感情に寄り添う」必要があることが挙げられます。

全ての物事を合理的に判断できるのであれば、AIに言われるがままに行動するのが、もしかしたら良いのかもしれません。

ただ、現実問題として、人間には感情があります。

理屈としてはわかっていても、「何となく嫌だ。」「何となく納得できない。」といった経験が、誰しも一度や二度はあるのではないでしょうか?

特に、FPに相談を寄せる人は、「お金」の相談をしており、非常にデリケートな内容であるため、どうしても感情的な判断が多くなってしまいます。

合理的ではない判断に対しても、顧客の話を聞き、親身になって相談に応じることで、感情的なしこりを取り除いてあげることは、人間であるFPにしかできない仕事です。

以上より、「顧客の感情に寄り添う」必要があることは、FPがAIに代替されない理由となります。

 

FPがAIに代替されない理由について説明してきましたが、今まで通りのFP業務をこなしているだけでは、AIの影響で仕事が減っていく可能性があるのも事実です。

そこで次項では、AIに負けないために具体的に必要となる知識・スキルについて、お伝えしていきます。

 

3. 生き残るために必要な知識・スキル3選

生き残るために必要な知識・スキル3選

1) 金融の専門家としての知識

1つ目のFPとして生き残るために必要な知識・スキルとしては、「金融の専門家としての知識」が挙げられます。

これは今までも当然に必要な知識でしたが、IT化により様々な補助業務が簡素化された分、今後はより金融の専門家としての助言が求められます。

また、先述の通りお金に関する顧客の質問に対して、なぜその選択がいいのか?といった過程を簡単に説明するためには、かなり詳しい知識が必要となります。

とはいえ、いきなり全て専門的知識を勉強するのは不可能ですので、顧客から実際にあった相談に対して、毎回妥協せずに調べつくして、知識を積み重ねていくことが、力を付ける一番の方法かと思います。

また、まだFPの資格を取得していない人であれば、とりあえずFP3級を勉強することをおすすめいたします。

FP試験の勉強方法については、「ファイナンシャルプランナー3級・2級は独学?通信講座?通学講座?」をご参照ください。

さらに、既にFP3級や2級を取得されている方は、さらなる高みを目指してFP1級やCFPの勉強をするのもおすすめです。

FP技能検定やCFP・AFPといったFP試験の種類については、「ファイナンシャルプランナーの違いとは?FP技能士・AFP・CFP」も合わせてご確認ください。

以上より、「金融の専門家としての知識」は、FPとして生き残るために必要な知識・スキルと言えます。

★FPの勉強を始めたいなら
FPの勉強をするのであれば、スキマ時間を利用してスマホで学習できる、スタディング FP講座 がおすすめです。
FP3級であれば、3,680円(税別)から受講可能ですので、まずは無料講座をチェックしてみてください!

 

2) AIの知識

2つ目のFPとして生き残るために必要な知識・スキルとしては、「AIの知識」が挙げられます。

先述の通り、今後FP業界にAIが進出してくる可能性は高いです。

かといって、AIの専門家レベルの知識が必要かというと、そんなこともありません。

大切なのは、AIに何ができて・何ができないのか?といった、最低限のAIの知識を得ておくことです。

最低限の知識を身に付けておくだけでも、「AIによって仕事が奪われるのではないか。。」といった漠然とした不安を消すことができ、また、そのような発言や記事を見聞きしても冷静に対処できるようになります。

その結果として、FPとしてやるべきことに集中的に取り組むことができます。

AIに関する知識を入手しようと思った場合、ネットで検索するだけでもかなりの情報を得ることができますが、玉石混淆なので、情報の取捨選択が難しいです。

であれば、ディープラーニング協会が実施している非エンジニア向けのAI検定である「G検定」などを利用してみるのも1つの方法です。

ぜひ検討してみてください。

以上より、「AIの知識」は、FPとして生き残るために必要な知識・スキルと言えます。

 

3) 対人スキル

3つ目のFPとして生き残るために必要な知識・スキルとしては、「対人スキル」が挙げられます。

AIが台頭してくると、今まで以上に注目されてくるのが「対人スキル」です。

ある意味では、AIとの一番の差別化ポイントとなりえるスキルとなります。

顧客の感情を読み取り、相手の意に沿う行動をとる、あるいは相手さえ気づいていない潜在的なニーズを質問で掘り起こすことが必要となります。

質問スキルなども当然に必要となるのですが、まず大事になってくるのは聞く力です。

プレゼンではないので、こちらの伝えたいことを伝えるのが目的ではなく、あくまで相手の知りたいこと、解決したい課題を理解することからスタートします。

聞く力や質問力を上げるためのセミナーや書籍はたくさんありますので、ぜひ勉強してみてください。

以上より、「対人スキル」は、FPとして生き残るために必要な知識・スキルと言えます。

★お客様に対する敬意を忘れない!
FPとしての経験を積むほど、わかった気になってしまう人がいます。
お客様が話している途中で、

「つまりこういうことですよね?」
「私が過去に経験した○○と同じですね。」

と言っていないでしょうか?

自分が経験したこと、持っている知識などたかがしれています。
自身の貴重な体験を話してくれているお客様に、敬意を持つことを忘れてはいけません。

 

4. 終わりに

FPがAIに代替されると言われている理由と、実際はAIに代替されない理由についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

AIに対して過度に怯える必要はない一方で、楽観視するのも危険です。

後半でお伝えしたようなスキルを身に付けて、今後もFPとして活躍していきましょう。

 

5. まとめ

Point!

◆資格関連の職業はAIの得意分野なのでFPも代替される?
◆家計に関する助言業務はAIが既に進出してきている?
◆資産運用はAIの方が得意?
◆AIが答えを導き出せば相談業務は不要になる?

FPと相性のいい資格とは?